バルサとジグロ

バルサ

守人シリーズ外伝「流れ行く者」(上橋菜穂子著)より



 キリ番85002番(今回85000と85001を私が続けて自爆(苦笑)してしまったので、ニアピン特別賞とさせていただきました)の、うさうさ様のリクエストです。
 「守人シリーズ」は、目に見える人の住む世界と、普通の人々には見えない精霊の世界が重なっているという異世界(風俗は中央アジアっぽい?)を舞台に、短槍使いの女用心棒バルサと、ヨゴ皇國の皇子チャグムを中心に繰り広げられる、ファンタジー小説。
 で、リクエストは、まだ少女時代のバルサが中心の短編編である「流れ行く者」から…
 祖国カンバル王国の、王位を巡る陰謀に巻き込まれて父を殺されたバルサ。幼かった彼女を助けたために、反逆者の汚名を着せられたジグロ。
 追っ手からのがれ、酒場や隊商の用心棒をしながら二人生きていく…今回読み返しましたが、かなりきつい…というか、せつなくて、やりきれないシーンも多い物語ですよね。
 うさうさ様のリクエスト『厳しい生き方の中で、ほっとする時間みたいなもの…』をどうしたら表現できるか…悩んだ末に、結局ただ二人が並んでいるだけという、平凡な構図になってしまいました。
 ジグロが、年老いた武人の詩をつぶやくシーンが表現したかったんですけど…力不足です…我ながら情けない(T_T)

2014.1.18



BACK 作品一覧  NEXT