ケルピーと少年

ペルピー



 キリ番87000HIT、イッペイ様のリクエストです。
お題は「馬の幻獣『ケルピー』に、少年が必死にしがみついていて…」でした。
 さて、ケルピーとは「馬(まれに若い男)の姿で現れる、スコットランドの水の精。うっかりその背に人間がまたがると、そのまま水の中へ飛び込んで溺れさせる…」と、私の持っている本には有りましたが、念のためにネットで検索したら、でてきた画像は「上半身が馬で下半身が魚」…え?これがケルピー?ヒッポカンポスに見えるんだけれど…???
 この件については5月24日の四方山話「ケルピーとヒッポカンポス」でグダグダ書いていますが、こんな怪しい姿の生き物に「うっかりまたがる人間」は、いないですよね。
 ネットの画像(こういうケルピーが登場するゲームがあるらしい)は、見なかったことに…(苦笑)
 私の考えるケルピーは水の中の姿はともかく、陸上の姿は普通の馬である…と、決めて構図を考え下絵を描いた段階で気がつきました「これって、普通?の暴れ馬と少年にしか見えないのでは?」
 文章で説明するだけでなく、絵でケルピー(水の精)らしいところをみせたいのですが…さてどうしよう?
 「たてがみに藻が絡んでいる」という説も有るようですが、私の切り絵技術では表現が難しいし…やっぱりどこかに鰭をつけるのが無難?
 悩んだ末に次のように考えてみました。
 水中あるいは興奮している時以外は、たたまれていているが小さな鰭が次の場所に有る。
○後ろの球節…草むらに立っていると見えにくい
○背中から尻にかけて…たたむと背中に張り付いて、一見「鰻線(原種に近い馬の背中に見られる、線状になった黒っぽい毛)」に見える

 よ〜し、これで決めた!
 …という訳で切ったのが、この絵です。
 リクエストにちゃんと応えられているか自信はありませんが…(^^ゞ
 切り絵のできは置いといて…、幻獣の姿についていろいろ考えるのは、とても楽しかったです。
 

2014.6.22



BACK 作品一覧  NEXT