夢見る少女(『更級日記』…藤原孝標の娘

更級日記


 キリ番(18000)HITのはるうさぎ様リクエスト。
 平安古典の人物…というリクエストをいただいた時、頭に閃いたのは彼女でした。
 上総の片田舎で育った少女は、物語に憧れて、都に帰りやっと手に入れた『源氏物語』に夢中になる…
 はしるはしる、わづかに見つつ、心も得ず心もとなく思う源氏を、一の巻よりして人も交じらず、几帳の中にうち伏して引き出でつつ見る心地、后の位も何にかはせむ。昼は日ぐらし夜は目のさめたる限り火を近くともして、これを見るよりほかのことなければ…
 
いやぁ、本好きには実に良くわかりますよね、この気持ち(^.^)
 今回、構図はわりと早く決まっていたのですが、いざ切ろうとして、ふと思ったのは…「当時の書物ってどんな綴じ方なんだろう?」
 ネットで調べたけれど、これがイマイチわからない。
 巻き物ではなく、本の形にはなっていたと思うけれど…和書らしい四ツ目綴じが広まるのは江戸時代だし…結局、その辺はぼかしてしまいました(苦笑)


BACK 作品一覧 NEXT